模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
やきものの街を歩く・・・
2012年 06月 21日 |

街は生きている
彷徨うほどに深く
夜と昼でも変化する
萩焼もまた七変化する
使い込めば色彩が変化し、また進化する
人生も、こうありたい

f0140054_19463456.jpg

f0140054_19471078.jpg

f0140054_19484797.jpg

f0140054_1949179.jpg

f0140054_19573974.jpg

f0140054_19491758.jpg

f0140054_19493953.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。一楽二萩三唐津という言葉もありますね。御覧いただき、ありがとうございます。
by mokonotabibito | 2012-06-21 19:50 | 山口 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/17680330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyatannaotan at 2012-06-21 20:30
やはり萩でしたか。夜の焼き物の町も情緒がありますね。
登り窯を見ると有田よりは、やはり常滑を思い出します。
最後は大皿を復元したものでしょうか。すごい存在感が
ありますね^^
Commented by youshow882hh at 2012-06-21 23:08
こんばんは。 ゆーしょーです。
間口の広い三輪清雅堂(というのでしょうか?)に売られている焼き物を
通りからでも見れるように飾っているのですね。
さて、使うほどに変化するという萩の七変化「萩焼き」というのがあること自体
全く知りませんでした。
飾られている焼き物も立派ですが、写真も素晴らしいです。

よく窯の写真を撮ることが出来ましたね。許可を貰ったのですか?
私は焼き物の窯を見たことがないのです。
ポチ♪
Commented by engel777engel at 2012-06-22 09:43
おはようござへいます。。。
陶器の町の雰囲気がとてもいいです。。
一枚目暗闇のなかにうかびあがるお店の様子も素敵ですね。。
四枚目、五枚目の釜場の光景はたまりません、この場に立って私も写真に撮りたい気分にさせられました。。
Commented at 2012-06-22 22:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by BOOCHAN at 2012-06-24 09:53 x
去年、萩に行ったときに、私も萩焼の窯元に行きました。
記念に箸置きを買って、大切に使っています。
素敵なお店ですね。
のんびり焼き物を拝見したいです。
<< 萩の街角スナップ PageTop 知らない街を歩いてみたい・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon