模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
カレル橋にて ~プラハ散策(5)
2011年 01月 26日 |
モルダウ川(ヴルタヴァ川)は、プラハの町の真ん中を流れています。
現在は多くの橋が架かっていますが、昔は一本の橋しかなく、それがカレル橋でした。
カフカやリルケもドヴォルザークもスメタナも、この橋を渡って生活していたのでしょう。

カレル橋は、14世紀末に建設され、19世紀中ごろまでプラハ旧市街に至る唯一の橋でした。
ヨーロッパに現存する最古の石橋でもあり、世界遺産/観光スポットでもあります。

旧市街側からカペル橋を渡ります。中央右奥にプラハ城が小さく見えています。

↓「カレル橋を渡る」 (ライトトーン適用)
f0140054_204465.jpg

カレル橋の欄干には両側それぞれに15体ずつの彫刻が並んでいます。これは聖人たちの像です。

その中で最も日本人に親しみのある像を紹介します。
それが下の聖フランシスコ・ザビエルの像です。ザビエルを担いでいる下の人の頭にちょん髷があり刀を差しているのがお分かりでしょうか? これは日本人という風評があったのですが、実際は「中国人、タタール人、ムーア人、インド人」を表しているそうです。現地でガイドをしておられた、池田 宏 さんという方から、御指摘を受けました。深く御礼申し上げます。

↓「フランシスコ・ザビエル像」 (ドラマチックトーン適用)
f0140054_205850.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←もしよろしければ応援ポチお願いします。ザビエルは、チェコでも有名なのですね。ジェクイ。
by mokonotabibito | 2011-01-26 20:05 | チェコ | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://mokotabi.exblog.jp/tb/15399508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kujirax1 at 2011-01-26 21:42
ドラマチックトーンのための被写体ですね(^^
しかも内容もドラマチック系なきがします。
PSE9導入おめでとうございます。私もアドビちゃん系なので、CS5とLightroom3と年末に両方ゲットしましたが、いまだにRAW現像していません。ぼちぼち試して見ますね。
Commented by sidu-haha at 2011-01-26 22:03
こんばんは~
プラハ~^モルダウ~
学生時代に聞いた地名や川の名前ですねえ~
合唱団で、モルダウを唄ったのを思い出しました。

フランシスコザビエルとちょんまげの人~
そうなんですか~
布教した国を伝えているのですね~
Commented at 2011-01-26 22:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by youshow882hh at 2011-01-27 00:27
こんばんは。 ゆーしょーです。
モルダウ川はプラハの町の中を流れているとは知りませんでした。
モルダウといえば スメタナの「わが祖国」 の中にありますね。
有名なあのメロディが頭をよぎります。
そのモルダウ川に架かる雪のカレル橋は素晴らしいです。
ポチ♪
Commented by torotorotorori at 2011-01-27 04:31 x
迫力ある写真ですね。
フランシスコザビエルの像がチェコに…
それも日本と関連しているのですか。
世界は小さいですね。
Commented by nama3_kitano at 2011-01-27 07:53
 ドラマチックトーンが効果を発揮してると思います。
よく見ると日本人の顔は、仏像のようにも見えますね。腰
に刀まで下げている。イメージの中の日本人でもありま
すね。
Commented by miyatannaotan at 2011-01-27 08:38
こんな所で武士に出会えるとは。光が後ろから射すような
ドラマチックトーンが神々しい雰囲気を出してピッタリと
はまっていますね(^o^ いや興味深く拝見しました。
Commented by risaya-827a at 2011-01-27 09:03
おはようございます^^
一枚目、この橋を渡るとプラハ城へ行けるのですか?
小さく見えるお城は、かなり遠そうですが。。。
ライトトーンが良い感じの一枚ですね!!!
二枚目はドラマチックトーンで、より強調してて素晴らしい♪
ポチッ☆彡
Commented by vimalakirti at 2011-01-27 09:26
おはようございます。
左右の欄干に15体ずつの彫刻とは、まるで美術館のような橋ですね。
14世紀に建設されて以来、どれほど多くの人が渡ったことでしょう!
ザビエルは日本人の姿ですか? 支える人たちは日本人ではなさそう?
なにを語っている像なのでしょうね? 先ポチしました~☆☆☆
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:30
【kujirax1さん】
ドラマチックトーンのための被写体ですか。
ありがとうございます。
CS5とLightroom3を導入されたのですか、スゴイですね。
私も一時、RAW現像処理の一本化のためLightroom導入を考慮したのですが、あとからアートフィルターとファインディテール処理の問題があり、Viewer 2重視になりました。そこで、レタッチ系とちょっとした現像用には、PSE9で十分と判断しました。
なかなか複雑ですよね(笑)
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:30
【sidu-hahaさん】
合唱団で、モルダウを唄っておられたのですね。
モルダウ川はやがてエルベ川と合流しドイツのドレスデンなど通ってバルト海に注ぐ大河ですね。
ザビエルはキリスト教の聖者として有名な人物なのですね。
ところで、今日から野鳥の写真をまたアップしますので、ご覧いただければ幸いです。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:31
【鍵コメat 2011-01-26 22:39さん】
了解いたしました。
よろしくお願いします。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:31
【ゆーしょーさん】
モルダウ川はプラハの町の中を流れています。
ドイツ語でモルダウで、チェコ語でヴルタヴァです。やがてエルベ川と合流し北のバルト海に注ぐ大河ですね。ご指摘のようにスメタナの「わが祖国」で有名ですね。
プラハは、モルダウ川の河岸に造られた町なのです。
モルダウ川に架かる雪のカレル橋は素晴らしいですか。
ありがとうございます。
ポチも感謝いたします。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:32
【torotorotororiさん】
迫力ある写真ですか。
ありがとうございます。
確かにザビエルの像がチェコの中心にあるのは驚きますよね。
ただ日本人の像は、我々からすると日本人に見えないのですが、これが日本人のイメージなんでしょうね(笑)
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:32
【nama3さん】
ドラマチックトーンが効果を発揮していますか。
ありがとうございます。
仏像のようにも見えますか。
刀を差さずぶら下げていますが、これも欧州での当時の日本人のイメージなのでしょう。
面白いものですね。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:33
【miyatannaotanさん】
ドラマチックトーンが神々しい雰囲気を出してピッタリとはまっていますか。
ありがとうございます。
あとからアートフィルターですが、この写真を撮ったあと、これはドラマチックトーンで現像だなと、確信しました(笑)
日本人は、実際には刀をぶら下げることはないと思いますが、これが日本人のイメージなのでしょうね。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:33
【risaya-827aさん】
プラハ城が遠くに見えますか。
これは超広角なので遠近感が強調されています。
実際には、この橋を渡って30分もかからずに行けましたよ。
ライトトーンが良い感じの一枚ですか。
ありがとうございます。
私はライトトーン大好きなので、上品に仕上げたい時に多用しています(笑)
ポチ感謝です。
Commented by mokonotabibito at 2011-01-27 18:34
【vimalakirtiさん】
まるで美術館のような橋ですか。
なるほど言われてみればそのとおりですね。
本当に彫刻好きの人ならこの橋で一時間以上過ごせますね
上の手を上げているのがザビエルですが、下で支える人たちは日本人だそうです。
刀を差さずぶら下げていますが、これも欧州での当時の日本人のイメージなのでしょうね。
ポチ感謝です。
Commented by 池田 宏 at 2011-02-20 17:53 x
この像は日本人では有りません。
カレル橋のたもとに有る「カレル橋博物館 Muzeum Karlova mostu 」に橋欄干にかかる像の説明がしてあります。
これによると
除幕;1711年
寄進者;クレメンティウムのイエズス会
現在橋に建っているのは1913年に製作された複製。オリジナルはLAPIDÁRIUM NÁRODNÍHO MUZEAラピダーリウム国立博物館所蔵。
ザビエルを支える像は、チェコ語文献では「中国人、タタール人、ムーア人、インド人」と成っています。

今のところチェコ語ではザビエル像を支える像に「日本人」がいると書いている文献を発見できません。
恐らく、ラテン語で「SANCTO FRANCISCO XAVERIO S. O. INDIARVM ET JAPONIAE APOSTOLO THEOSOPHO GEMINAE FACVLTATES THEOLOGICA ET ET PHILOSOPHICA VNIVERSITATIS PRAGENS POSVERE MDCCXI.大学の神学部と哲学部は、イエズス会、インド、日本に神の光を当てた使途聖フランシスコ・ザビエル像を1711年に寄進。」と寄進者説明書きに書いてあるのを、ラテン語が解らない誰かが"JAPONIAE"と云う文字だけを見て勝手に判断したものだと考えられます。

Commented by mokonotabibito at 2011-02-20 18:08
【池田 宏さん】
ガイドをしておられた方なのですね。
ザビエルを支える像については、たいへん申し訳ありません。
案内していただいた方から、「これは日本人ですよ」と言われたので信用してしまいました。
深くお詫び申し上げるとともに、訂正させていただきます。
わざわざ私のような者のブログに、コメントいただきありがとうございました。

<< 梅にジョウビタキ ~大阪城公園... PageTop 極楽鳥花 ~PSE9導入とRA... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon