模糊の旅人
mokotabi.exblog.jp
  Top ;Log-in
2016年 08月 26日 |
車山からしばらく歩くと、八島ヶ原湿原が近づいてきます。

↓振り返ると車山が遠くに見えます。丸いドームが車山気象レーダー観測所です。
f0140054_824673.jpg

↓八島ヶ原湿原に到着しました。
f0140054_835768.jpg

八島ヶ原湿原は、標高約1632mにある高層湿原で国の天然記念物に指定されています。
標高1500m以上では、湖沼の植物は腐敗・分解しにくく泥炭となり堆積し高層湿原を形成します。その一帯と周辺では高木・樹林が生育せず、日当たりが良いことから、背丈の低い高山植物などの花が多くみられるようになります。

八島ヶ原湿原でも初夏から真夏にかけて、様々な花が咲き乱れます。以下、八島ヶ原湿原の花々をご覧ください。

↓ノハナショウブ
f0140054_842475.jpg

↓ハクサンフウロ
f0140054_851190.jpg

↓ホソバノキリンソウ
f0140054_853242.jpg

↓イブキボウフウ
f0140054_855850.jpg

↓オミナエシ
f0140054_86197.jpg

↓ツリガネニンジン
f0140054_864026.jpg

↓アカバナシモツケ
f0140054_87717.jpg

↓ウスユキソウ
f0140054_872592.jpg

↓エゾカワラナデシコ
f0140054_874695.jpg

↓コウリンカ
f0140054_1337223.jpg

↓クサフジ(吸蜜している蝶はコキマダラセセリ)
f0140054_8999.jpg

↓ヤマホタルブクロ
f0140054_893669.jpg

↓ミヤマハハコグサ
f0140054_82126100.jpg

↓マツムシソウ
f0140054_8103287.jpg

↓最後は八島ヶ原湿原をバックにシシウドを撮影して霧ヶ峰を後にしました。
f0140054_8112235.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
2016年 08月 23日 |
東日本は台風が来襲していますが、大阪はカンカン照りで、まだまだ猛暑が続いています。早く涼しくなってほしいものです。
そこで今日は、海会寺跡シリーズを一時中断して、信州の有名スポットの爽やかな写真を掲載して、涼味を感じてもらおうと思います。

信州の真夏の醍醐味は、日本アルプス登山に原生林探勝や野生動物観察、渓谷の美などがありますが、もうひとつ高原のすばらしさがあります。見晴らしの良い高原のドライブ、軽登山やトレッキング、明るく広い高原や高層湿原に咲き乱れる高山植物などが魅力的です。
こういう場所は人気観光スポットになりますが、爽快な世界なので、信州滞在中の一日を費やして高原を歩き回りました。

ご存知ビーナスラインの高原ドライブを楽しんでから、霧ヶ峰の最高峰「車山」に登り高山植物を撮影しながら八島ヶ原湿原に至る高原トレッキングを満喫しました。

↓霧ヶ峰の高原の景観
f0140054_7464116.jpg

↓高原ドライブの車窓から一枚
f0140054_747169.jpg

標高1600~1800mクラスの高原を走る安全なドライブコースというのは、日本では少ないものです。この霧ヶ峰付近のビーナスラインは夏でも涼しく、広々とした爽快な山岳ドライブを誰でも楽しめる貴重なコースです。(ビーナスライン最高地点は美ヶ原で1920mにもなります)

↓高原ドライブは非常に快適です。
f0140054_7474685.jpg

ひとときドライブを楽しんだ後、駐車場にクルマを止め、軽登山を行います。やっぱり歩かなければ、霧ヶ峰の真の良さが味わえませんので。

↓これから登山する霧ヶ峰の主峰「車山」
f0140054_19413135.jpg

↓爽やかな軽登山ルートとして人気があるので、登山道は混んでいました。
f0140054_7483328.jpg

霧ヶ峰一帯は、古来よりカヤ類の刈取り場として利用されてきたことから、樹林が少なく、見晴らしの良い高原になっています。そのため現在は冬はスキー場、春~秋は軽登山のメッカになっています。

私は花や蝶を撮影しながら、ゆっくりと登りました。

↓ウラギンヒョウモン(花はヨツバヒヨドリ)
f0140054_7495150.jpg

↓ワレモコウ
f0140054_750779.jpg

↓いよいよ山頂近くです。
f0140054_750457.jpg

↓車山の頂上にて
f0140054_751150.jpg

↓頂上から白樺湖方面を見下ろして撮影
f0140054_7511716.jpg

↓山頂に咲いていたキバナノヤマオダマキ
f0140054_7513846.jpg

↓(山頂の岩場をバックに)ミヤマシシウド
f0140054_7515325.jpg

↓車山から八島ヶ原湿原への登山道で高山植物を撮影するカメランマンたち
f0140054_7521989.jpg

↓コオニユリ(上記のカメラマンたちの被写体です)
f0140054_7523144.jpg

↓あまりにも有名なニッコウキスゲ
f0140054_7524753.jpg

f0140054_753219.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←応援ポチいただければ嬉しいです。御覧いただきありがとうございます。
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Starwort Skin by Sun&Moon